子育てグッズの準備

赤ちゃん

出産までに準備するもの

つわりが落ち着き安定期に入る5か月頃。そろそろ出産の準備をしなきゃ、と思い始めるママも多いと思います。ベビーカーやチャイルドシート、ベビーベッド、バウンサーなどいろんなものがいろんなメーカーから販売されており、何から揃えていいのか分からなくなるほど種類が豊富です。中でも、チャイルドシートは6歳まで義務付けられていますし、車を使用する人であれば赤ちゃんが退院するときからの必需品になってきます。出産前に準備しておきたいですね。チャイルドシートは大まかに2種類に分けられます。1つは車のシートベルトを使用したベルト固定式。もう1つは専用のコネクターを車のシートに差し込んで固定するISOFIX式です。ベルト固定式だと締め付け不足によるぐらつきが心配ですが、ISOFIX式であれば確実に固定ができます。ただし車種によっては取り付け不可のものもあるので、事前に取り付け可能か調べる必要があります。また、チャイルドシートにはそれぞれ年齢制限が決められています。新生児〜1歳まで、新生児〜4歳まで、1歳〜11歳まで、新生児〜7歳までなど様々な種類があります。新生児〜7歳まで使えるものは1台で長く使えるので便利ですしコストパフォーマンスも良いですが、首が座るまでの期間は安定しづらかったり、成長して窮屈に感じることもあるようです。各メーカーによって値段にも幅がありますし、お子さんを何人育てるかによっても必要となるチャイルドシートの種類が変わってきます。最近ではチャイルドシートのレンタルをしている行政や企業もあるので、時期や用途に合わせてレンタルを利用するのも良いかもしれません。万が一の事故に備えて大切なお子さんの命を守るチャイルドシート。じっくり比較、検討して選びたいですね。