子供に安全な空間を

子供

長期にわたる使用が可能

チャイルドシートは、6歳未満の子供を車に乗せる際には、座席に取り付ける義務があります。多くの人が使用する機会がある子育てアイテムのため、各メーカーは、さまざまなチャイルドシートを開発して販売しています。チャイルドシートについて知っておくと良い情報は、長い期間にわたって使用できる点です。新生児の間は、取り外し可能なクッションを用いて寝かせます。1歳を超える子供は、身体がしっかりして座位が安定します。その場合は、クッションを外して、ベルトのみで身体を固定します。そして、成長に合わせて、ベルトの長さを調節して対応していきます。商品によっては、背もたれ部分が取り外せて、ジュニアシートとして使えるタイプもあります。ジュニアシートは、座席のシートベルトを適切な位置で締められるようになるまで使用します。また、チャイルドシートは、子供が快適に過ごせる機能が充実しています。ドライブ中の衝撃を吸収する役割はもちろん、通気性や吸湿性にも優れています。子供は、汗をかきやすい特徴があるので、これらの機能は非常に重要です。さらに、軽量タイプや、自宅でバウンサーとして使えるチャイルドシートもあります。双方とも、自宅から車の座席まで、赤ちゃんを乗せたまま移動できます。それによって、子供の眠りをさまたげないメリットがあります。最近では、コンパクトカーに取り付けられるサイズの商品も登場しており、商品選びの幅が広がっています。