赤ちゃん

子育てグッズの準備

チャイルドシートにはベルト固定式とISOFIX式の2種類があり、使用年齢も多種多様である。使用する車種や兄弟の有無にあわせて、買い替えや買い増しも必要となる。使用頻度によっては、購入ではなくレンタルという方法もある。

赤ちゃん

様々な機能があります

チャイルドシートは、小さなお子様がいる家庭で車に子供を乗せるという時には必須のアイテムとなります。最近は様々な機能がついているチャイルドシートがありますし、いろいろ悩みます。そんな時は口コミなどを参考にするのもおすすめです。

ママと赤ちゃん

子供の安全のために

チャイルドシートを選ぶ際は、Eマークの有無、設置したい車に適合しているかどうか、子供の体型と適合しているかどうかを、必ず確認しましょう。その上で、使い勝手の良いものを選ぶと良いです。チャイルドシートは、正しく車に設置しましょう。

子供

子供に安全な空間を

チャイルドシートについて知っておくと良い情報は、新生児期から幼児期・児童期まで、長く使用できる点です。各メーカーのチャイルドシートには、新生児用に衝撃吸収クッションが付属しています。これを取り外せば、子供の成長に合わせて、ベルトのみでサイズ調整ができます。

子供

子供を車に乗せる必需品

チャイルドシートは子供を車に乗せる際に必ず必要なものです。チャイルドシートを選ぶときには、乗せる車のサイズや、そんな荷物を乗せたいかから、どの大きさがいいか決定します。さらにいつまで使用したいかから絞り込んでいくと決定しやすいです。

種類と費用をチェック

子供

月齢によって異なる

赤ちゃんを自動車に乗せる場合、必須となるものにチャイルドシートがある。チャイルドシートを設置しない場合、違反として罰則がある他、赤ちゃんの安全を守る上でも欠かすことのできないものになっている。赤ちゃん向けのチャイルドシートでは、月齢に応じて対応しているものが異なっている。首が座る前の赤ちゃんのでは、座ることができないためフラットにできるチャイルドシートが必要になる。但し、首が座って座れるようになってからは通常タイプのチャイルドシートが必要である。その為、座面位置を変更でき新生児から幼児期まで長期間利用できるものの購入がポイントになる。チャイルドシートでは、1万円程度から高いものでは数万円することが相場になっている。フラットにできるタイプのものなど、機能が充実しているチャイルドシートではその分値段も高くなる傾向がある。その為、首が座る前の短期間利用する際にはレンタルで借り、長期利用用のチャイルドシートは購入するなど使い分けることもポイントとなる。また、チャイルドシート選びにおいては、安全基準を満たしているものを選ぶことが最低限必要になる。いざという時の赤ちゃんの命を守るものになるため、安全面が満たされていないと使用する意味の無いものとなってしまう。これらの安全基準を満たしているかについては、マークで表示されているなど分かるようになっている。その為、信頼できるメーカーのものを購入するなども必要である。

RECOMMEND POST

赤ちゃん

子育てグッズの準備

チャイルドシートにはベルト固定式とISOFIX式の2種類があり、使用年齢も多種多様である。使用する車種や兄弟の有無にあわせて、買い替えや買い増しも必要となる。使用頻度によっては、購入ではなくレンタルという方法もある。

赤ちゃん

様々な機能があります

チャイルドシートは、小さなお子様がいる家庭で車に子供を乗せるという時には必須のアイテムとなります。最近は様々な機能がついているチャイルドシートがありますし、いろいろ悩みます。そんな時は口コミなどを参考にするのもおすすめです。

ママと赤ちゃん

子供の安全のために

チャイルドシートを選ぶ際は、Eマークの有無、設置したい車に適合しているかどうか、子供の体型と適合しているかどうかを、必ず確認しましょう。その上で、使い勝手の良いものを選ぶと良いです。チャイルドシートは、正しく車に設置しましょう。

子供

子供に安全な空間を

チャイルドシートについて知っておくと良い情報は、新生児期から幼児期・児童期まで、長く使用できる点です。各メーカーのチャイルドシートには、新生児用に衝撃吸収クッションが付属しています。これを取り外せば、子供の成長に合わせて、ベルトのみでサイズ調整ができます。

子供

子供を車に乗せる必需品

チャイルドシートは子供を車に乗せる際に必ず必要なものです。チャイルドシートを選ぶときには、乗せる車のサイズや、そんな荷物を乗せたいかから、どの大きさがいいか決定します。さらにいつまで使用したいかから絞り込んでいくと決定しやすいです。